シェフプロフィール.gif
entree froide
冷前菜
“晴れ晴れファーム 西村さんの朝採れ野菜”
水戸市柳河町、那珂川沿いの豊かな大地にある農園 “晴れ晴れファーム”。「小さくて楽しい農園」をコンセプトに、農園体験イベントなどを開催し「会いに行ける農家」を目指しています。
一皿目は、その晴れ晴れファームの新鮮な野菜を使ったサラダ。COLKの加藤シェフが朝一で直接買い付けに行っています。野菜本来の美味しさを最大限に引き出した一皿をお楽しみください。
ワイン ペアリング
日本酒 ペアリング

soupe

スープ

 

“武井レンコン 白魚”

 

 茨城のレンコンは生産量日本一を誇り、全国の約半分を生産しています。その中でも霞ヶ浦周辺で栽培していて土浦ブランドにもなっている武井レンコン農園の “武井レンコン”を使用します。乳酸菌や酵母菌などを活発に働かせた土で育てる栄養豊富なレンコン。  バターソテーする際にあえて鍋に焦げ付かせ、旨味に香ばしさをプラスしました。アクセントには霞ヶ浦北浦の乾燥させた白魚と、ローストして甘みを引き出したレンコンを添えました。温前菜の “水” のイメージと紐つけ、茨城の同じ地域で生産された食材を使うことで、より一体感を持たせた一皿です。

 

【使用した主な食材】

武井レンコン/バター/水/塩/白魚

viande

肉料理

 

“茨城県産牛カットステーキ”

 

 茨城県産の牛肉   “雨情の里牛” “和洋牛” “つくば牛” のロースをカットステーキにしました。旨味が強く、適度な霜降りで柔らかい肉質。高温のフライパンで香ばしくシンプルに焼き上げます。ソースはわさびを効かせた赤ワインソース。トリュフで香り付けした塩と生の黒胡椒を添えて。

ワイン ペアリング
日本酒 ペアリング
dessert
デザート
 
“ 保田園の苺 ライチ ディル ”
 デザートのテーマは  “香り”。苺農園のハウスに入った瞬間の苺と花の香りをイメージしました。保田園の日本初乳酸菌入り苺はソルベにし、加糖せず苺そのものの味を生かしたグラニテを添えました。苺に合わせましたのは淡い味わいと花のような香りが特徴のライチのムース。さらに、ヨーグルトベースのディルのソルベを添え、爽やかな青々しい香りを演出します。ソースはフロマージュブランのクリーム。ハイビスカスのメレンゲで食感をお楽しみいただけます。
【使用した主な食材】
日本初乳酸菌入り苺/ライチ/鈴木牧場ヨーグルト/ディル/フロマージュブラン/ハイビスカス/柴田農園ハーブ
SPECIAL THANKS
感謝